名古屋市の椎間板ヘルニア専門鍼灸院「あいわ鍼灸治療院」」

名古屋市名東区社台1-103 ベルシャトー社台1F

052-769-4777

News

椎間板ヘルニアは手術しなくても鍼灸で治ります

椎間板ヘルニアは手術しなくても鍼灸で治ります

みなさん、こんにちは。今回は腰痛の中でも特につらいとされている椎間板ヘルニアについて書いていきます。椎間板ヘルニアの症状として、腰の痛みから始まり、臀部の痛み、脚のしびれが出ます。また症状が酷くなると、寝返りすら打てなくなったり、歩行困難になることがあります。椎間板ヘルニアは放っておいても治るという結果もあります。しかし痛みからいち早く解放されるには治療した方がいいと思います。一般的には手術で治すというものがありますが、鍼灸でも治療できるということでそのことについても触れていきます。

 

椎間板ヘルニアになる原因
椎間板ヘルニアになる原因としては、腰椎にかかるストレスが考えられます。そのストレスにも2種類あり、縦方向にかかるストレスと横方向にかかるストレスがあります。縦方向にかかるストレスに関しては、長時間不自然な姿勢でいたり、座りっぱなしでいるときにかかるストレスです。事務作業など現代の生活においてはわりと頻繁に起こっていることになります。もう一つの横方向にかかるストレスに関しては、前かがみで重いものを持ち上げた時やスポーツなどで体を反ったりした時にかかるストレスのことになります。この2つのストレスにより髄核が飛び出し神経を刺激することで症状として現れます。

 

手術をしても再発する人が多い理由
手術をしても再発する理由は単純で、手術では飛び出した椎間板を取り除いて神経の圧迫をなくしてやることで痛みを取り除いているので根本的な解決にはなっていないということです。先ほど挙げた2つのストレスを取り除かなければ根本的な解決にはなりません。

 

鍼灸で椎間板ヘルニアを治療する
鍼灸をする目的は神経の炎症を抑えることです。神経の炎症が収まると痛みは収まります。治療は早く開始するべきです。神経は炎症し続けていると、炎症が収まっても働きは元に戻りません。だから痛みはとれたが痺れは取れないというのはこれが原因です。ですのでいち早く治療されることをオススメします。だいたい1ヶ月以内、遅くても半年以内に治療しないと症状が取れる確率は低くなります。

 

ですので、鍼灸治療で神経の炎症を抑え、ストレッチなどでストレスを和らげるというのがベストな治療法だと言えます。手術だと一時的な治療にすぎません。お金をかけずに確実に椎間板ヘルニアを治していきましょう。