名古屋市の椎間板ヘルニア専門鍼灸院「あいわ鍼灸治療院」」

名古屋市名東区社台1-103 ベルシャトー社台1F

052-769-4777

News

手術しないで治せる!?椎間板ヘルニアを治す鍼治療とは

手術しないで治せる!?椎間板ヘルニアを治す鍼治療とは

「手術しないと治せないんだろうか…」
「手術以外で治療法はないの?」
椎間板ヘルニアでお悩みの方の中には、このように思っている方も多いのではないでしょうか?体の重要な組織である椎間板に施す手術はリスクが高く、抵抗があるのも無理はありません。しかし、そこで諦めてはいけません。実は、手術をすることなく椎間板ヘルニアを治すことができる治療法があるのです!
今回は、手術をしないで椎間板ヘルニアを治すことができる治療法「鍼治療」についてお話ししようと思います。

 

・そもそも椎間板ヘルニアの原因は?
そもそも、椎間板ヘルニアの主な原因は椎間板への強い圧力です。椎間板は、髄核と呼ばれる軟らかい組織と、それを覆う線維輪と呼ばれる硬い組織でできています。椎間板に大きな負担がかかると線維輪が破綻し、そこから軟らかい髄核が突出してきます。そして突出した髄核が神経に当たると様々な症状引き起こすのです。

 

・手術治療のデメリットは?
椎間板ヘルニアの手術には、椎間板ヘルニアを摘出するものと、レーザーによって椎間板の圧力を減らすものがあります。前者のほうは、体を動かすうえで重要な椎間板にメスをいれるわけですので、リスクが伴います。また、手術となると抵抗もありますよね。後者の方は比較的簡単に行うことができるのですが、症状が重いと効果があまりないというデメリットがあります。

 

・手術をしないで治せる「鍼治療」とは
まず鍼治療というのは、鍼で体に刺激を与えることで、本来の正常な状態を保ちながら自分の力で治そうとする機能「自然治癒力」を高める治療法です。そのため、体にメスをいれることなく椎間板ヘルニアにアプローチすることができます。
多くの方は「鍼治療」と聞くと、「痛そう」「怖い」というイメージを持ちますが、それは誤解です。というのも、鍼治療で使う鍼は非常に細く、痛みを感じづらいつぼに刺激を与えるため、多くの患者さんは痛みを感じません。

 

椎間板ヘルニアの鍼治療では、まず神経の炎症、即ち「痛み」を抑える効果があります。その後、椎間板の痛みの原因となっている部分の高さを探し出し、その近くの関節部分の動きが良くなるようにアプローチしていきます。すると、筋肉の緊張や神経への刺激がとれていき、完治へと向かうことができるのです。

 

いかがでしたか?
手術をしないと椎間板ヘルニアは治らないと諦めている方、一度「鍼治療」を試してみませんか?