名古屋市の椎間板ヘルニア専門鍼灸院「あいわ鍼灸治療院」」

名古屋市名東区社台1-103 ベルシャトー社台1F

052-769-4777

News

痛くない?鍼で改善!椎間板ヘルニア

痛くない?鍼で改善!椎間板ヘルニア

この記事をご覧の皆さんの中には、椎間板ヘルニアでお悩みの方も多いことだと思います。

椎間板ヘルニアを治療したいけれども、手術は避けたい、そんな思いを抱いていらっしゃる方は、是非、鍼灸治療を検討してみてはいかがでしょうか?
鍼で治療できると聞いても、「鍼って痛いんじゃないの?」と言った不安がありますよね。

そこで今回は、鍼灸治療がなぜ痛くないのか、そのメカニズムについてご紹介していきたいと思います。

○針と鍼は太さが違う!

皆さんが「はり=痛い」というイメージを持っていらっしゃる原因として、注射器の「針」のイメージをお持ちだからではないでしょうか?

通常の注射器などの針は、おおよそ0.5mm-1. 2mmの太さです。注射器は薬剤や血液を中心に通すので、空洞である必要があります。

その分、どうしても針が太くなってしまい、痛みを伴うのです。

 

これに対して「鍼」は、約0.14mm-0.2mmと、針の3分の1の太さです。

注射器と違って空洞が必要ないため、大幅に細くなります。

これはだいたい髪の毛ぐらいの太さで、非常に細いということが分かりますね。
この細さのおかげで、血管や皮膚から鍼を抜くと同時に穴が塞がり、ほとんど出血がなく、痛みも軽減されます。

 

○刺し方を工夫して痛点を避けている!

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、皮膚には痛みを感じる痛点というものがあります。

お伝えしたように非常に細い「鍼」ですが、この痛点は皮膚上に点在しているので、100%避けることはできません。

 

しかし、この痛点を刺してしまっても、痛みを感じない場合があります。

それは、刺し方に工夫をしている鍼灸院で治療を受ける場合です。

痛点はある一点以上の刺激が加わらない限り、痛みを感じることはありません。

 

その一定範囲を超えないように、刺し方や鍼の形状に工夫をしている場合は、細胞の破壊を最小限に抑えられるため、痛点を通過しても、痛みを感じにくいのです。
つまり、鍼灸治療を受ける際は、きちんと口コミや評判を確認して、信頼できる鍼灸院を選択することが良いということですね。

 

いかがでしょうか?

以上が、鍼灸治療が痛みを感じにくいメカニズムでした。
針と鍼の違いを押さえた上で、鍼灸院の評判も確認しておくと痛みを感じない治療が実現できます。
これで安心して治療を受けられるのではないでしょうか?皆さんも、是非鍼灸治療で椎間板ヘルニアを克服してくださいね。