名古屋市の椎間板ヘルニア専門鍼灸院「あいわ鍼灸治療院」」

名古屋市名東区社台1-103 ベルシャトー社台1F

052-769-4777

News

腰椎椎間板ヘルニアの手術後!痺れや痛みの後遺症について

腰椎椎間板ヘルニアの手術後!痺れや痛みの後遺症について

みなさんこんにちは!
あいわ鍼灸治療院の近藤です!

現在、日本人は全体の約90%の方が腰痛を持っている、もしくは腰痛を1度は経験すると言われています。
ひとことで腰痛と言っても重症なものから軽いものまで様々です。その中でも良く耳にするのが「腰椎椎間板ヘルニア」です!

・腰椎椎間板ヘルニアとは

経験したことある方ならご存知だと思いますが、「腰椎」とは背骨の腰にあたる部分の事を言い、その腰椎ひとつひとつの間には「椎間板」と言われるクッションが挟まれています。筋力の低下や姿勢の悪さなどにより“腰椎と腰椎の間が狭くなる”と椎間板がつぶれてしまい、その椎間板が腰椎からはみ出し腰椎の間を通る神経を刺激してしまう事によって、腰や足に痺れや痛みを及ぼす病気になります。

・腰椎椎間板ヘルニアの診断と治療

「腰が痛い!」となったら多くの方はまず近くにある整形外科に駆け込むでしょう。
腰椎椎間板ヘルニアの診断は症状を聞いて、理学検査というストレッチのような検査をするとある程度診断できてしまいます。
しかし、しっかりとどこがどのようになっているか確かめるには、MRIなどで検査しなければなりません。
その後、整形外科にあるリハビリ室でストレッチやマッサージをして、痛み止めを処方されて終わり。というのが一般的です。
正直、これで腰椎椎間板ヘルニアが良くなる方はほとんどいません。
そして手術というのは「最終手段」です。
最近では、医師も手術をオススメしないケースが増えています。

医師が手術をすすめない理由は、その効果と手術に際しての入院期間や大変さを考慮してあまりすすめていません。

・腰椎椎間板ヘルニアの手術について

腰椎椎間板ヘルニアの手術は基本的には潰れて飛び出してしまった椎間板を切って取り除く手術になります。
理論的にはその飛び出してしまったものが神経を刺激して痛みがあるので、それを取り除けば痛みが無くなるのですが、実際はそんなに単純ではありません。
「手術をしても治らなかった」「手術して痛みが無くなったが痺れが残った」「手術後痛みも痺れもなくなり楽になったら1年後また痛みが出てきた」などの話をよく耳にすることがあります。
これは何故なのか?
理由はいくつかあります。
痛みや痺れの原因がヘルニアではなく仙腸関節や筋肉などの別の場所にある。
ヘルニアを摘出しても傷ついた神経が治らない。
元々精神的な要因で起こっている腰痛だった場合。など他にも手術をしても治らないというケースはいくつかあります。

このような場合、手術という手段を選ぶのはベストでは無いと思われます。

ただ整形外科へ通っても痛み止めを処方されリハビリ室でマッサージを受ける程度で、改善されないパターンがほとんどです。

独自でストレッチを勉強し治療したという方もいますし、当院のような鍼治療に通って治療したという方もいますし、カイロプラクティックや整体などに通ったという方もいます。
今の自分に合った治療を見つけてしっかり続けることが大切です!

お悩みの際は是非「あいわ鍼灸治療院」にお頼り下さい!