名古屋市の椎間板ヘルニア専門鍼灸院「あいわ鍼灸治療院」」

名古屋市名東区社台1-103 ベルシャトー社台1F

052-769-4777

News

慢性腰痛やヘルニアの筋肉の緊張に対する鍼治療!

慢性腰痛やヘルニアの筋肉の緊張に対する鍼治療!

慢性腰痛やヘルニアの筋肉の緊張に対する鍼治療!のアイキャッチ

 

みなさんこんにちは!
あいわ鍼灸治療院の近藤です!

 
今回は慢性腰痛やヘルニアで腰の筋肉がカチカチに固まってしまっている患者さんに対しての鍼治療についてお話ししていきます。

・どうして腰が硬くなる?

 

ヘルニアや脊柱管狭窄症や腰椎症など様々な腰痛の原因がありますが、なぜそれらによって腰の筋肉が硬くなってしまうのか?
それはやはり、負担のかかりすぎ、が原因の可能性が高いです。
腰痛を起こしやすい人は、それはもう体質だと思った方が良いです。
動き方のクセや姿勢や骨格など様々な原因から腰に負担がかかりやすくなっていて、それが積み重なっていくことで、腰の筋肉が硬くなり、腰痛が引き起こされている可能性が高いです。

 

・どのように治療するの?

 

まず、硬くなってしまった筋肉をほぐして緩めて柔らかくする必要があります。
手段としては、マッサージをしてほぐしたり、ストレッチをして伸ばして緩めたりなど様々な方法がありますが、今回は鍼灸治療という手段でほぐす方法をお伝えしていきます。
筋肉を緩める際、当院では、主に鍼を刺して治療していきます。
鍼には刺した筋肉の緊張を緩めるという作用があり、この作用はWHO(世界保健機関)でも認められている作用です。
この作用を生かし、硬くなってしまった筋肉を調べて、その筋肉に対して鍼を打ち、筋肉を緩めます。

筋肉が緩んだだけでも、痛みや辛い症状はかなり軽減すると思われます。

そして、腰に負担のかかりにくい状態を作るために、骨格のズレを調整したり、歩き方の指導や姿勢の調整などを行なっていきます。
中には内臓の調整が必要な人もいます。

 

 
このようにして、腰痛ヘルニアに対しての治療を行なっていきます。
ひとりひとり治療の内容は多少違ってくるので全員がこれに当てはまるわけではありませんが、大まかな内容はこのようになっております。
長期間にわたり、腰痛ヘルニアに悩まされている方はぜひ一度鍼治療を行なってみてはいかがでしょう!