名古屋市の椎間板ヘルニア専門鍼灸院「あいわ鍼灸治療院」」

名古屋市名東区社台1-103 ベルシャトー社台1F

052-769-4777

News

これって椎間板ヘルニアの症状??股関節の痛みと腰痛の関係

これって椎間板ヘルニアの症状??股関節の痛みと腰痛の関係

みなさんこんにちは!
あいわ鍼灸治療院の近藤です!

 

椎間板ヘルニアの患者様の治療をしているとよく「最近、股関節の辺りも痛いんだよね」などとい言葉を耳にします。
なので今回は椎間板ヘルニアをはじめとする腰痛と股関節の痛みの関係について紹介させていただきます!

 
まず結論から言わせていただくと、腰椎椎間板ヘルニアをはじめとする腰痛全てに関して、股関節の痛みは「関係ある」と考えられます。

 

椎間板ヘルニアを例に説明させていただきます。

 
これまで書いてきたように椎間板ヘルニアとは、腰椎と腰椎の間が狭くなり、腰椎と腰椎の間にある椎間板といわれるクッションのような部分が潰れてしまいそこから飛び出した随核というものが、腰の神経を圧迫して痛みや痺れを起こす病気です。

 

この時に圧迫される神経によって痛みや痺れを起こす部分が変わってきます。
股関節に痛みや痺れを感じる場合は、腰椎の3番と4番の間が狭くなり、その間を通る第4腰神経根が圧迫されている可能性が高いです。
第4腰神経は腰椎の3番と4番の間から出て、股関節を通り、太もも前から膝の前を通って内側のくるぶしまでクロスするような形で走行しています。
なので股関節に痛みが出る事も考えられます。

 

椎間板ヘルニアに限らず、脊柱管狭窄症や腰椎すべり症など全ての腰痛で起こる可能性があります。

 

また腰痛が無くても股関節から痛みが来る場合もあります。

 

 

人の身体は十人十色です。
どこにどんな病気が隠れているか分かりません。
「股関節が痛いです」と整形外科に行っても大半の方は股関節のレントゲンだけ撮って「異常はありません」と言われて放置してしまう事が多いです。
痛みがある時点で異常がないわけありません!

 
一度ご自身のお身体を見つめ直してみてはいかがでしょうか。