名古屋市の椎間板ヘルニア専門鍼灸院「あいわ鍼灸治療院」」

名古屋市名東区社台1-103 ベルシャトー社台1F

052-769-4777

News

これって坐骨神経痛??自分でできる症状チェックまとめその②

これって坐骨神経痛??自分でできる症状チェックまとめその②

みなさんこんにちは!
あいわ鍼灸治療院の近藤です!
前回は自分の腰痛が坐骨神経痛なのかをチェックする方法をご紹介させていただきました。
もし坐骨神経痛であった場合、次にチェックすることはどこの神経が障害されて痛みや痺れが出ているのかを確認することです。
そもそも坐骨神経痛というのは疾患名ではなく症状を指すものです。
原因はさまざまあり、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症や腰椎すべり症などが代表的です。
しかし、原因が同じでも痛みや痺れが出る場所は人それぞれです。
腰椎のどのあたりに異常があるのかは痛みや痺れが出ている場所さえ分かれば分かります。

 

・腰椎1番に障害がある場合
→太ももの内側や鼠径部、股関節の周辺に痛みや痺れが出ます

 

・腰椎2番に障害がある場合
→太ももの内側や鼠径部、股関節に加えてお尻の上部にも痛みや痺れが出ます

 

・腰椎3番に障害がある場合
→腰椎2番で出る痛みや痺れに加えて、膝の内側からスネの内側にかけての痛みや痺れが出ます

 

・腰椎4番に障害がある場合
→お尻の上部から太ももの外側を通り、膝の中心からスネの中心を通り内側のくるぶしまでのラインに痛みや痺れが出ます

 

・腰椎5番に障害がある場合
→お尻の中心あたりから太ももの外側を通り、膝とスネの外側から外側のくるぶし、足の甲から足の親指から中指までの部分で痛みや痺れが出ます

 

・仙骨1番に障害がある場合
→お尻の中心あたりから太ももの後面外側を通り、膝の裏からふくらはぎの外側、かかとの外側から足の薬指と小指にかけての痛みや痺れが出ます

 

・仙骨2番に障害がある場合
→お尻の下部から太ももの後面内側を通り、膝の裏からふくらはぎの内側、かかとの内側にかけての痛みや痺れが出ます

 
いかがですか?
これが全てではありませんが、ほとんどの坐骨神経痛の方がこの中のどれかに当てはまります。中には2箇所の神経に障害が出てしまっている方もいます。
まずは、ご自身でチェックしてみて自分のどこが悪いのかを確認してみるのもいいも思います!

 
また、お困りの際は是非あいわ鍼灸治療院にご相談下さい!