名古屋市の椎間板ヘルニア専門鍼灸院「あいわ鍼灸治療院」」

名古屋市名東区社台1-103 ベルシャトー社台1F

052-769-4777

News

「利き尻」が腰痛の原因かも?椎間板ヘルニアにならないための上手な座り方とは?

「利き尻」が腰痛の原因かも?椎間板ヘルニアにならないための上手な座り方とは?

みなさん、こんにちは。
みなさんは、「利き手」や「利き足」のように「利き尻」があるのをご存知でしょうか?
椅子などに座るとき、体重をかけてしまう方のお尻を「利き尻」と呼ぶことがあります。
この利き尻が、腰痛やぎっくり腰、はたしては椎間板ヘルニアの原因になってしまうことがあります。

 

今回の記事では、利き尻の確かめ方とともに、腰痛にならない座り方と立ち方などについてご紹介いたします。

 

◆あなたの利き尻はどちらでしょう?

 

座っているときに、あなたの体重の多くはお尻に乗せられています。このとき、お尻の左右に等しく体重が乗っていると多くの人が考えていることでしょう。もしくは、そんなことを考えたことがないかもしれません。
しかし、実際は、ほとんどの人は左右どちらかのお尻により体重をかけて座っているのです。
座ったときに体重がかかっているお尻のことを「利き尻」と呼びます。この利き尻は人によって異なります。
利き尻をチェックするには、座った状態で両手を水平に伸ばし、上半身を左右に動かしてみて、より遠くに伸ばしやすい方のお尻が利き尻です。座って足を組む人は、膝の上に伸ばす足の方が利き尻になっていることが多いです。

◆利き尻にはリスクが!

仕事などでデスクワークが多く、座る時間が長い人は腰痛のリスクが高まります。利き尻に偏って座る時間が長ければ長いほど、利き尻の方の腰や方が痛む確率が高まります。
さらに、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアになる可能性も高まります。
利き尻に体重をかけず、均等に体重をかけて座ることは、長年の習慣や癖もあって、かなり難しいです。
ただし、少しでも、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアになる可能性を低くするには、座り方を工夫する必要があります。

◆利き尻に体重を偏らせない座り方

腰痛を防ぎ、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアを発症させないためには、利き尻に体重を偏らせないように座ることが重要です。
そのためには、利き尻の方の足を手前に引き、逆の方の足を少し前に出して座ります。両足を前後に開いたような状態になります。
さらに、手前に引いた利き尻の方の足は30度くらい開き、逆の方の足は膝とつま先が同じ方向を向くようにすると、お尻にかかる体重がより均等になります。
前後に足を開くことで骨盤が起き上がります。そうすると、骨盤が水平に保たれ、上半身の安定感が増えます。
そして、腰や肩の緊張感がずいぶん緩和されます。また、立ち上がるときにも、腰や膝にあまり負担をかけずに立つことができます。
慣れるまではなかなか難しいと思いますが、ぜひチャレンジしてみてください。

◆利き尻による骨盤や姿勢のゆがみを矯正する立ち上がり方

デスクワークが長く座る時間が長くなると、背中が曲がって骨盤が後ろに傾いてしまっていることが多いです。その状態のまま急に立ち上がると、腰に負担がかかり痛めてしまう恐れがあります。
そこで、ぜひ!お尻に両手の甲を添えて、中央あたりを手でさするように立ち上がってみてください。
この立ち上がり方は、立ち上がりやすくなるだけではなく、骨盤が後ろから手で軽く押されるので骨盤の傾きが矯正されます。
さらに、使えていな広背筋、硬くなった胸筋などに動きを与えることができるので、ゆがんだ姿勢を矯正することができます。
手で骨盤を後ろから軽く押すため、骨盤の傾きが正しくなる。さらに、手を後ろに回すから、肩甲骨の間が寄って猫背をリセット。
そのため、腰が立って胸が開いた美しい立ち姿勢になる。
背筋を伸ばして座っていると思っていても、骨盤が傾いている人も多いのが現実です。
ひどくなってしまうと、あおむけで寝れない状態になってしまう恐れもあります。
この立ち上がり方になれたら、手の甲をお尻に添えたまま歩いてみましょう。骨盤と姿勢の矯正により効果が出ます。

◆骨盤を立てるには正座も有効!

座ると言えば、椅子に座ることが多く、正座する機会はあまりないかもしれません。ただ、正座は、骨盤を立てるのにとても良い座り方です。
下半身がうっ血したり、膝に負担がかかるので、長時間正座することはできませんが、たまに正座をして姿勢を正すのもおすすめです。

 

 

いかがでしたか。
知らず知らずのうちに利き尻に負担をかけ、骨盤・姿勢がゆがんでしまっているんですね。
利き尻の確認方法や、上手な座り方、骨盤・姿勢を矯正する立ち方などについて、ご理解いただけましたか?
慣れないうちはやりにくいかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてください。