名古屋市の椎間板ヘルニア専門鍼灸院「あいわ鍼灸治療院」」

名古屋市名東区社台1-103 ベルシャトー社台1F

052-769-4777

News

腰が痛いのはヘルニア・狭窄症なんてよく言われますよね?

腰が痛いのはヘルニア・狭窄症なんてよく言われますよね?

みなさんこんにちは!

腰が痛いと感じる方は多いと思います。
生きていれば1度は経験するものですが、歩けないぐらいひどくなる方はあまりいないのでないでしょうか?
病院へ受診する方は歩いて行く方が多いですよね。そこでレントゲンやCT・MRIなどの画像を見て、診断名が告げられるのですが、腰椎ヘルニアや腰部の狭窄症・すべり症と言われることが多いです。
逆に、それ以外の診断名はあまり聞かないので、詳細に診断してくれるところはありがたいですね!
今回は、タイトルにあるようにヘルニアや狭窄症の神経症状をメインで紹介していきます。
先に知っておいていただきたいことが1つあります。
それは、画像診断と実際の症状が一致しないことがあるという事実です。
例えば、腰に痛みのない健常者でもCTをとるとヘルニアを発症している方もいますし、神経を圧迫している画像所見でも症状のない方がいます。
これは、医療関係者なら聞いたことがあることで、珍しい情報ではないです。
なので、診断名が出たからと言って「神経の圧迫をなんとかしないと」とあせる必要はありません。
整形外科のお医者さんは湿布や痛み止めの薬や腰椎けん引・電気治療などを処方してくださることが多いですが、実際に触って治療してくださるお医者さんは少ないかと思います。
なので、鍼灸や整骨などの施術が役に立ってきます。
そこで、自分で神経が本当に圧迫されているか考えるための1つの指標を紹介します。
それはルート所見です。
腰の骨の間から出ている神経が圧迫され障害されると力が入らなくなったり、腱反射が低下または消失したり、感覚が悪くなったりします。よく障害される神経のルート所見を紹介します。
 

ルート所見

〇第3腰椎と第4腰椎から出ている神経が障害されている場合
・運動:大腿四頭筋(膝を伸ばす筋肉)
・腱反射:膝蓋腱反射(膝のお皿の下を叩くと膝が伸びる)
・感覚:内側のくるぶしから親指にかけての触った時の感じかた

 

〇第4腰椎と第5腰椎から出ている神経が障害されている場合
・運動:長趾伸筋(足の指を伸ばす筋肉)
・腱反射:なし
・感覚:内側のくるぶしと外側のくるぶしの間の足の甲の触った時の感じかた

 

〇第5腰椎と第1仙椎からでている神経が障害されている場合
・運動:長・短腓骨筋(足首を外側に動かす筋肉)
・腱反射:アキレス腱反射(アキレス腱を叩くと足首が下に動く)
・感覚:外側のくるぶしから小指にかけての触った時の感じかた

 
病院で診断を受けたときにどの骨の間から出ている神経が障害されたか覚えておいて、上記の該当する筋力・腱反射・感覚を調べてみます。
お医者さんから言われた状況と自分の体の実際の状況に違いがあるのなら、神経症状ではない可能性があり、鍼灸・整骨で改善が見込める症状だと考えられます。
すべての方に当てはまるわけではないですが、困っているかたの助けになれば幸いと思い、改善の可能性をここに示しました。
 

やや専門的な考え方が入るので難しいと感じた方は、1度鍼灸院へいらして、相談されてはどうでしょうか?

 
最後まで読んでいただきありがとうございます。