名古屋市の椎間板ヘルニア専門鍼灸院「あいわ鍼灸治療院」」

名古屋市名東区社台1-103 ベルシャトー社台1F

052-769-4777

News

それ本当に椎間板ヘルニア?原因不明の腰痛はストレスが原因か?

それ本当に椎間板ヘルニア?原因不明の腰痛はストレスが原因か?

みなさんこんにちは!
あいわ鍼灸治療院の近藤です!

ゴールデンウィークも終わってしまって5月病になりかけもいる頃でしょうか?
そろそろ新しい生活にも慣れてきた頃でしょうか?
気落ちせず頑張りましょう!

さて、今回は原因不明の腰痛について書いていきます!

腰が痛くて「これヘルニアかな?」と思い病院に行って検査をしても特に異常は無く、原因不明の腰痛、もしくは腰痛症ということで片付けられてしまい、結局この腰痛の原因はなに??ということが少なくありません。
今回はそんな原因不明の腰痛についていくつか考えられる原因を書いていきます!

●ストレスからくる心因性の腰痛

実際にストレスで腰痛は起こります。
ストレスや疲労により自律神経が乱れてしまい血流に異常が起こり、筋肉が硬くなったり炎症物質が溜まりやすくなり痛みが起こります。

また、元々椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの腰痛を患っていた方で、それが治った方などは、その症状が出て痛かった頃の記憶が残ってしまい、この動きをすると痛いという記憶から脳が勘違いをしてしまい痛みを引き起こすケースもあります。

●鎮痛物質の分泌量低下

人間には元々、モルヒネの様な鎮痛物質を脳内で出す働きがあります。
代表的なものでは、ドーパミンやエンドルフィンなどという物質です。
格闘技などの選手が殴られたり蹴られたりしながらも試合を続けることができるのは、試合の興奮によってこの脳内の鎮痛物質の分泌が高まるためだといわれます。
格闘技の選手も試合後には痛そうにしていますよね?

これは一般の方でも当たり前のように行われていることで、お腹が痛くなったり、ぶつけた場所が痛くなったりした時にも脳内で鎮痛物質が分泌されています。

しかし、ストレスや疲れを溜め過ぎてしまうとこの働きが低下してしまい、普段よりも痛みを強く感じてしまうようになってしまいます!

●ストレスを溜め込まないことが大切!

どんな症状にも言える事ですが、やはりストレスは人間にとって悪影響を与えてしまうことが多いです。

規則正しい生活を心がけて、たまにはリフレッシュするようにして、ストレスや疲れを溜め過ぎないようにしましょう!

また、鍼灸でもストレスに対する治療は可能です。
困ったことがあればまたご相談下さい!