名古屋市の椎間板ヘルニア専門鍼灸院「あいわ鍼灸治療院」」

名古屋市名東区社台1-103 ベルシャトー社台1F

052-769-4777

News

足のしびれを伴う腰痛には要注意!治療が必要かもしれません!

足のしびれを伴う腰痛には要注意!治療が必要かもしれません!

皆さん、こんにちは。

大人は男女問わずほとんどの人が、一度は腰痛を経験しているでしょうね。
一時的な腰痛であれば心配はありませんが、長期間長引く腰痛や、慢性的な腰痛には注意が必要です。また、腰痛にとどまらず、足のしびれを併発しているような場合は、治療が必要です。
この記事では、腰痛と足のしびれについてご紹介します。

◆さまざまな腰痛があります

腰痛にはさまざまなことから起因した腰痛があります。職業病のような腰痛があれば、生活習慣が引き起こす腰痛、病気やケガが原因の腰痛などです。腰痛を感じたときには、安静にするのが良いでしょう。
腰の関節は椎間関節と呼ばれていて、滑らかな動きができるような仕組みになっています。腰痛を感じるときはこの椎間関節のどこかの部分が変形したり、損傷したりしている可能性もあります。その反面、はっきりした原因がわからないことも多いのが現状です。
また、腰は背骨とつながっていて、背骨の異常や神経痛が原因の腰痛もあり、足やお尻にしびれを感じる場合があります。このため、足のしびれを伴う腰痛には注意が必要です!

◆足のしびれを感じる腰痛の原因は?

足のしびれを伴う腰痛には、さまざまな原因が考えられます。代表的な症状をご紹介します。

 

・椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、腰椎と腰椎の間にある椎間板が一部飛び出してしまったことによって、神経を圧迫してしまったことが原因で発症します。椎間板ヘルニアになると、腰痛を感じるとともに、おしりから足にかけてしびれを感じます。
スポーツや仕事による椎間板への負担や、加齢による椎間板の劣化によって生じることが多く、椎間板ヘルニアが悪化すると、歩くことや排尿にも支障が出てしまいます。
喫煙者は禁煙することで、肥満の方はダイエットすることで、椎間板ヘルニアになるリスク軽減につながります。一方で、遺伝的な原因で発症することもあるといわれていて、近親者で椎間板ヘルニアを患っている人がいれば、専門家などに相談してみましょう

 

・腰椎分離すべり症

腰椎すべり症は、その名の通り腰椎がすべる病気です。普通の状態では、腰椎は関節やじん帯などでしっかりと支えられています。しかし、何かの異常によって部分的に腰椎がすべった状態になり、腰痛を起こします。
腰椎すべり症の原因には、先天性のものと後天性のものがあります。先天性のものは、骨と骨が生まれつきうまくくっついておらず、腰椎が滑りやすい状態になっているのが原因で、後天性のものは、同じ動作を繰り返すことや、ストレスなどが原因で腰椎が疲労骨折したことが考えられています。
また、骨が柔らかい幼い頃に、激しい運動を繰り返していると、腰に負担がかかり、腰椎分離すべり症を発症することもあります。
腰椎分離すべり症を発症すると、腰痛のほかにも、お尻から足にかけてのしびれや痛みや、前にかがんだときに腰やお尻付近が突っ張るような感じを受けることがあります。悪化すると、歩行障害や排尿障害を起こすこともあります。

 

・腰椎変性すべり症

腰椎変性すべり症は、腰椎すべり症の一種で、老化により骨が変性したことや、腰椎周辺の筋力不足によって引き起こされます。腰椎分離すべり症では、骨同士が離れてしまいますが、腰椎変性すべり症の場合は骨同士が離れることはありません。
腰椎分離すべり症と同じように、腰椎変形すべり症を発症すると、腰痛のほかにも、お尻から足にかけてのしびれや痛みや、前にかがんだときに腰やお尻付近が突っ張るような感じを受けることがあります。悪化すると、歩行障害や排尿障害を起こすこともあります。

 

・腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなってしまう病気です。脊柱管には神経が通っているので、脊柱管が狭くなることにより血管や神経が圧迫されてしまい症状が引き起こされます。
血管が圧迫されると血流が滞るため、さまざまな症状を引き起こします。神経も圧迫されるため腰椎椎間板ヘルニアのように腰痛と足のしびれを感じます。
腰部脊柱管狭窄症の原因は、椎間板や背骨の変形、じん帯が厚くなることなどが考えられます。特に加齢によってじん帯が厚くなっていくと神経の通り道が狭くなってしまうため結果的に神経を圧迫して何らかの症状を引き起こします。
腰部脊柱管狭窄症が発症すると、腰痛のほかに、お尻から足にかけてのしびれを感じます。悪化すると、お尻や足のしびれが、痛みや灼熱感を伴うようになったり、排尿障害、筋力低下が起こります。
腰部脊柱管狭窄症は、40歳を過ぎた患者が多く、80歳以上の女性約15%が腰部脊柱管狭窄症だとも言われています。

 

・子宮筋腫

最近、30代、40代の女性にとって子宮筋腫は珍しい病気ではなくなりました。子宮筋腫を発症すると、足のしびれを伴う腰痛を感じる場合が多いようです。

 

◆足のしびれを伴う腰痛が長引く場合は早めの対処がおすすめ!

ひとことで腰痛と言っても、さまざまな原因が考えられます。腰痛は多くの人が経験します。気を付けていても、ぎっくり腰のように突然発症する腰痛もあります。
しかし足のしびれを伴う腰痛には、神経が関係していることがほとんどです。もし、症状を感じた場合には、早めの対応がおすすめです!対処が早ければ、歩けなくなるような最悪の事態は避けることができるでしょう。

 
いかがでしたか。
足のしびれを伴う腰痛について、どのような原因があるのかについてご紹介しました。
たしたことないや。と放置しておくと症状が悪化してしまうかもしれません。
足のしびれが辛い方、腰痛でお悩みの方など、ぜひお気軽にあいわ鍼灸治療院にご来院くださいね。