名古屋市の椎間板ヘルニア専門鍼灸院「あいわ鍼灸治療院」」

名古屋市名東区社台1-103 ベルシャトー社台1F

052-769-4777

News

首の椎間板ヘルニアを早く治したい人がとりあえず読む治療方法ガイド

首の椎間板ヘルニアを早く治したい人がとりあえず読む治療方法ガイド

首のヘルニアによる痛み・痺れにお悩みではありませんか?
腰痛の原因として有名な椎間板ヘルニアは頸椎、つまり首にも発症します。

基本的な原理は腰椎のものと変わりませんが、症状や治療法には差が出てきます。

腰痛も辛い一方で、首の痛みは手や腕に繋がる神経に近い分、手や腕が動かせない、力が入らないといった日常生活に大きく影響する症状がでます。

そんな首の椎間板ヘルニアを一日でも早く治したい人のために、治療法をご紹介します。

■そもそも椎間板ヘルニアとは何なのか

椎間板ヘルニアとは、腰椎や頸椎の間にあってクッションの役目を果たしている椎間板がはみ出してしまう症状です。飛び出すこと・飛び出した部分をヘルニアと呼びます。このヘルニアが神経を圧迫すると痛みや痺れなどの症状が現れます。

■主な2つの治療法系統

頸椎椎間板ヘルニアの治療法には大きく分けて「観血的療法」と「保存療法」の2つがあります。

◇観血的療法

観血的療法とは、出血を伴う治療法、つまり手術療法のことです。首を切開したり穴をあけたりして直接はみ出している椎間板を除去する方法です。

従来は、前方固定術と呼ばれる、前方(喉側)から大きく切開して、椎間板とヘルニアを全て切り取って、残った椎骨同士を金属や骨の移植で固定する手術が一般的でした。しかし、術創部が大きくなることや人工的に固定した椎間板が悪くなることが問題でした。

最近では、これらの問題のない経皮的内視鏡が選ばれています。直径7㎜のほど切開して、そこに微小な内視鏡を通します。この内視鏡でヘルニアを見ながら切除するという手術です。前方固定術に比べて術創部が小さく、入院期間も短くて済みます。ただし、ヘルニアが骨化していたり内視鏡を入れる隙間が狭かったりしてこの手術ができない場合もあります。

◇保存療法

保存療法とは、手術ではなく症状を緩和させることによって自然治癒・良化を期待する方法です。根本原因にアプローチするわけではないので、対処療法だと言えます。

手法としては、頸椎牽引やマッサージのような理学用法や筋弛緩剤や消炎鎮痛剤を用いた投薬治療があります。

しびれが主な症状であれば、ビタミンBを投与することもあります。

■まとめ

首の椎間板ヘルニアは、腰のものと同様、根本治療は手術であり、その前に保存治療によって経過観察をします。

あまりに症状がひどい緊急時を除いては、基本的には保存治療から始めるようです。

保存治療の一環として、鍼灸の力も活用できるかもしれません。
鍼灸は痛いのではないかという不安は不要です!

ご興味のある方は下記の「あいわ鍼灸治療院」にお尋ねください。
http://aiwa-sinkyu.com/