名古屋市の椎間板ヘルニア専門鍼灸院「あいわ鍼灸治療院」」

名古屋市名東区社台1-103 ベルシャトー社台1F

052-769-4777

News

椎間板ヘルニアとは何なのか?ー原因を知ることが痛みを取る第1歩

椎間板ヘルニアとは何なのか?ー原因を知ることが痛みを取る第1歩

椎間板ヘルニアによる腰の痛みに悩まされていませんか?椎間板ヘルニアの患者数は現在100万ほどいると言われており、あなたもそんな患者の一人かもしれません。

腰痛に苦しむ人の約85%は原因不明だといわれていて、何にどう対処したらいいか分からない状況です。

一方、全体の15%は原因がはっきりしていて、内1/3(全体の5%)は椎間板ヘルニアが原因だと言われています。

つまり、あなたの症状は幸いにも原因がはっきりしている腰痛なのかもしれません。

椎間板ヘルニアは原因が明らかで治療法も確立された疾患です。

そのため、あなたの腰痛を解消するためにはまず椎間板ヘルニアの原因を知る必要があります。

そこで、今回は椎間板ヘルニアの原因についてご紹介します。

■椎間板ヘルニアとは何なのか

背骨の腰部と椎骨の間に挟まってクッションの役割をしている軟骨を椎間板と呼びます。

この椎間板は、通常椎骨の範囲に収まっていますが、変性して組織の一部が飛び出す現象が椎間板ヘルニアです。

ヘルニアとは本来の位置から飛び出ているという意味です。そのため、出べそのことを臍ヘルニアとも呼びます。

この椎間板が飛び出して、付近にある神経を圧迫することで腰や足に激しい痛み・痺れが発症します。

逆に、椎間板ヘルニアであっても、神経を圧迫していなければ痛みや痺れを発症することはありません。

■なぜ椎間板が飛び出すのか

椎間板が飛び出す原因の多くは、日々の生活の中で椎間板に負担が蓄積していくことです。
長時間車を運転する仕事や重いものを運ぶ仕事、中腰の多い仕事などは椎間板ヘルニアになりやすいと一般的に考えられています。

男性の場合、バスやタクシーのドライバー、機械業・金属業の労働者は、オフィスワーカーに比べて約3倍腰椎椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。
もっとも、オフィスワーカーもずっと座り仕事が続く場合、リスクがないとも言えません。

一方で、中には腰に負担をかけていないのに椎間板ヘルニアを発症する人もいます。
そのような方の場合、遺伝や喫煙習慣が椎間板ヘルニアの原因だと考えられています。

■まとめ

椎間板ヘルニアは、腰に負担をかけすぎたことで生じる症状です。椎間板は20歳を過ぎたころから老化し始めるため、「まだ若いから何とかなる」というものではありません。

椎間板ヘルニアを発症したらきっちり治療に取り組みましょう。

実は、あなたの椎間板ヘルニアの症状を改善するのに、鍼灸の力も活用できるかもしれません。

鍼灸は痛いのではないかという不安は不要です!

ご興味のある方は下記の「あいわ鍼灸治療院」にお尋ねください。
http://aiwa-sinkyu.com/