名古屋市の椎間板ヘルニア専門鍼灸院「あいわ鍼灸治療院」」

名古屋市名東区社台1-103 ベルシャトー社台1F

052-769-4777

News

寒くなると腰痛が激しくなるのはなぜ?冬の腰痛を予防する方法とは!?

寒くなると腰痛が激しくなるのはなぜ?冬の腰痛を予防する方法とは!?

皆さんこんにちは。

寒い日が続きますね。
寒くなると、急に腰痛を訴える人が出てきます。また、普段よりもひどい腰痛に悩まされる患者さんも多くいらっしゃいます。
皆さんは大丈夫でしょうか?

 

今回の記事では、寒くなると腰痛が激しくなるのはなぜか?冬の腰痛を防ぐにはどのような方法があるのか?についてご紹介します。

 
◆血行が悪いと腰が痛みます!
冬になり気温が低くなると、人間の体は体温をキープしようとして筋肉を緊張させます。筋肉を緊張させることによって体温を上げようとするのです。無意識のなかで筋肉を緊張させ続けるので、筋肉がどんどん固まってしまいます。
人間の体には血液が流れていますが、筋肉が体じゅうに血液を巡らせるポンプのような役目を担っているので、筋肉が固まると血行が悪くなります。さらに、寒くなるとそもそも血管が細くなるうえに、代謝が低下したり、自律神経が乱れやすくなるので、血行が悪くなります。
血液中には痛みを出す物質・発痛物質が流れているのですが、血行が悪くなるとその発痛物質が血液中を流れずに、腰や肩などに溜ってしまい、強い痛みを感じるようになります。

 
◆姿勢が悪いと腰が痛みます!
寒くなると、体温を逃がさないように背中を丸めてしまう人も多いのではないでしょうか?

猫背のように背中を丸めると、本来はS字カーブを描いている背骨の形が崩れてしまい、腰や椎間板に負担をかけてしまいます。
また、寒くなると、腰の骨をつないでいる筋肉やじん帯が縮んでしまい、椎間板にかかる圧力が増してしまうことがあります。
椎間板に負担がかかり続けると腰に痛みが出やすくなります。

 
◆冬の腰痛を防ぐには体を温めるのが一番!
血行が悪くなると発痛物質が腰などにとどまってしまい、痛みを感じてしまいます。これを防ぐためには、体を温めて血行を良くするのが一番良い方法です!
この時注意しなければいけないのが、腰痛がある場合でも、腰だけを温めるのではなく体全体を温めることです。
もし腰だけを温めてしまうと、発痛物質を刺激してしまい、さらに腰痛を悪化させてしまう恐れがあります。すでに腰に痛みを感じている場合は、腰に発痛物質が集まっている可能性が高いので、暖めてしまうと逆効果です。
おすすめの方法は、手やつま先など末端の部分をお湯につけて温めたり、背中やおなかをカイロなどで温めることです。もちろん、温かいお風呂につかるのも良い方法です。

 
◆自律神経を整えましょう!
血行を悪くする原因に、自律神経の乱れも考えられます。睡眠不足が続いたり、ストレスがたまったりすると自律神経が乱れます。また、食生活が乱れると自律神経が乱れます。
自律神経が乱れないように、規則正しい生活を送るように心がけましょう。

 
◆体を動かして筋肉をほぐしましょう!
筋肉が緊張した状態が続くと血行が悪くなります。寒いと体を動かす機会が減ってしまうかもしれませんが、筋肉の緊張をほぐすためにも、積極的に体を動かしましょう。
もちろん、椎間板ヘルニアを患っている人などは、激しい運動は避けましょう。ランニングなど激しいスポーツでなくてもかまわないので、日常生活のなかで意識して体を動かすだけでも、ずいぶん違います。
また、簡単なストレッチを日常生活に取り入れるのも、冬の腰痛を防ぐのにおすすめです!

 
◆姿勢にも気を付けましょう!
寒いからと言って、猫背のように背中を丸めていると、背骨と椎間板にかかる負担が大きくなります。寒いと無意識に背中が丸まってしまいがちですが、しっかりと意識して良い姿勢を心がけましょう。
また、座っている状態は、立っている状態よりも、腰に負担がかかります。デスクワークが多い人などは、休憩もかねて、簡単なストレッチを取り入れるのもおすすめです。

 

 

いかがでしょうか?
寒い冬に腰痛が激しくなる理由と、冬の腰痛を防ぐ方法を、ご理解いただけましたか?
ぜひ意識してみてください。きっと、腰痛が少しは楽になるはずです。
それでも腰痛が続くようであれば、ぜひ!あいわ鍼灸治療院にご来院くださいね。