名古屋市の椎間板ヘルニア専門鍼灸院「あいわ鍼灸治療院」」

名古屋市名東区社台1-103 ベルシャトー社台1F

052-769-4777

News

椎間板ヘルニアで家事がつらい!手術しない治療法とは?

椎間板ヘルニアで家事がつらい!手術しない治療法とは?

みなさんは、椎間板ヘルニアの痛みや痺れに耐えながらも炊事、洗濯、掃除を一人で頑張っていませんか?

腰の痛みや痺れを早く治したいけど、手術をすると入院や治療費がかかり家族に迷惑をかけてしまうとは考えていませんか?

そこで今回の記事では、そのようにお考えの方におすすめする、手術以外の椎間板ヘルニアの治療法についてご紹介していきたいと思います。

 

〇そもそも椎間板ヘルニアはどのように治療されるのか?

椎間板ヘルニアは、背骨のクッションである椎間板に大きな負担がかかることで椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出して神経が圧迫されることにより腰痛、脚の痛みやしびれを引き起こしています。

手術ではこの飛び出した部分(ヘルニア)を摘出することで椎間板ヘルニアを治します。

では、手術をしない治療法ではどのように椎間板ヘルニアを治していると思いますか?

実は、椎間板ヘルニアは自然治癒が可能なものです。

椎間板ヘルニアの多くが一般的に良性で、3ヶ月で半数以上の方が自然に改善したとみられる報告があります。

つまり、手術をしない治療法、保存療法はこの自然治癒をサポートする治療法のことをいいます。

 

〇手術療法以外の椎間板ヘルニアの治療法

手術をしない治療法、保存療法には大きく分けて3種類の方法があります。
1, 痛みや炎症を抑える非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩薬の内服薬
2, 一般的にはブロック注射と言われている神経やその周辺に胸部麻酔を注入し、炎症を抑えて痛みをなくす神経ブロック
3, 腰部マッサージや温熱療法、そして鍼灸治療といった理学療法

この3つの中でもおすすめの治療法は理学療法の中の鍼灸治療です。
そもそも理学療法とは、病気、けがなどによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動などの手段を用いて行われる治療法です。

胡散臭いと思われがちですが、鍼灸治療は中国で紀元前4000年前から存在する治療法です。

人の体には経絡と呼ばれるツボが360個所もあり、そこに鍼や灸を据えることで痛みを取り除きます。

この治療の効果には神経痛、神経麻痺、頭痛、めまい、不眠など数多くの疾患に効果があるとWHO(世界保健機関)も認めています。

 

今回は手術以外の椎間板ヘルニアの治療法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
手術をするには入院期間や費用が必要となり、痛みを伴います。

しかし、鍼灸治療では安く、短時間で痛みもなく治療することが可能です。ぜひ、一度試してみてください。